老けて見える原因の土台は男女共に同じ!どうすれば良いかを徹底解説

Pocket

スポンサーリンク


つい先日の事です。何気なく子供と一緒に撮った自分の写真を見たときの話ですが、自分的には年相応の見掛けだと思ってました。

ですが、写真に写る自分の姿はどう見ても「孫と一緒に写るお爺ちゃん」でした(泣)

過去に私は10代の頃から実年齢よりも5才くらい高く見られてました。それでも30代くらいになると、年齢相応の容姿に見られていたんですね。

しかし、嫁さんがこのような事を私に言いました。


同じ職場の○○さんが見かけたみたいで、
「おたくの旦那、また老けたんじゃないの!」って言ってたわよ!

その時の私は笑って済ませましたが、内心とてもショックでした。そこで私は自分の顔を見て考えました。

髪が薄く白髪が多く、しかも顔のシワが目立つこの顔を何とかしないとヤバイ。
悔しいからなぜ自分が老けて観られるのか、その原因を調べてみようと思ったのです。


その理由として調べた結果、次のような事が主な原因だとわかりました。

  • 顔のシワ
  • 髪が薄い(白髪)
  • 姿勢が悪い
  • 様々なことに興味を失う

以上4つの理由があります。


こちらの理由について調べていくに連れてわかったことが有ります。それはこの事柄には男女共通の問題点があると感じたのです。

そこでこの4つの項目を、多くの人たちにシェアしてもらえるように、記事にしてみました。
内容的には簡単に対処できる事から、少し難しい事まで幅広くあります。


私と同じような悩みのを抱えている、あなたのアドバイスになれば嬉しいです。


老けて見えるのはなぜ?その原因とは


若く見えるか、それとも老けて見られるのかは、産まれ持った資質のようなものです。なので自分で努力して変えられる部分というのは、全体の30%位になります。

具体的に言いますと、年齢が若いのに何故ふけて見えるのか?それは顔の造りにありました。

老けて見える顔の特徴として、次のようなことがあるのです。


顔に影が出来る


いくら肌に貼りや艶があっても、顔に影が出来ると老けて見えるのです。丸顔(童顔)の人は顔に凹凸が少なく陰が出来にくいので若くみえますが、面長だったりホリが深い人は年齢よりも高く見えてしまうのです。

先ほども書きましたが、生まれつきの見かけや雰囲気(性格)などは70%できているんですね。


私も10代の頃、なぜか老けて見られました。その時の私の経験を、初めにちょこっとだけ書いてみますね。


私は16才の頃、駅前で兄と待ち合わせをしていた時のことです。

駅前で待っていた私に警察官が年齢を聞いてきたので、びっくりした私は思わず「20歳です」と答えてしまいました。

その方は「あっそうですか」と納得した様子で兄が来るまで、普通に会話をした経験があります。


特に何かしていた訳ではありませんが、当時の私は5歳くらい年齢が高く見られているように感じました。


若い頃は年齢が高く見られても特に何も気にしなかった私ですが、今思い返すとなぜ老けて見えるのかわかりました。


次はお肌について書いていきますね!


お肌


やはり肌は一番大切になります。顔の作りや雰囲気も人に判断される要素ですが、お肌にハリとツヤがあるだけで若々しく見えます。

パッと観たときに肌が綺麗な人は活発で若々しく透明感を感じますし、例え肌の色が黒くても、ツヤのある肌は若々しく活発な印象を観る人に与えるのではないでしょうか。

潤いや艶をいつまでも保ちたければ、早めにケアをし続けることです。そうすることにより、いつまでもツヤツヤでハリのあるお肌を保つことが出来るということですね。


お肌の潤いを保つためにはどうすれば良いのか?と言いますと、馬油(バーユ)を用いて潤いを補充します。


馬油とは
馬の油を使ってスキンケアに持ち入ります。
馬の脂は人間の油に近い成分でもあり、お肌に塗ることで潤いを、保つことが出来る油です。


馬油を塗り続ける(継続)する事により、お肌が潤い小じわ対策にも効果があります。シワが出来てしまう前に、継続的に対策を続けることがポイントですよ。

たとえ、小じわが出来てしまっても、化粧品(レチノール等)を使用すれば目立たなくする事もできます。他にもサプリメントやクリーム(BB)等で、体の内外部からお肌の乾燥を予防する事をオススメします。

様々な方法が有りますので、あなたが毎日続ける事が出来るやり方を見つけることが大切です。



髪が薄い(白髪)


髪の毛もボサボサになっていたり、白髪混じりのヘアーは老けて見られます。

艶のある髪を見るだけで若くみられることができますし、何より清潔感を感じますよね!髪型には色々なヘアースタイルがありますが、自分自身に合った髪型を選ばないと余計に老けて見えたりしてしまいます。

カラーもご自分のお肌に合わせた色を選ぶことで、あなた自身の印象も良くなります。けど逆に若い人を意識した髪型や色にしてしまうと、無理して若作りしているような印象になり逆効果という結果にもなりかねません。

髪の毛はツヤが大切です。例えクロくなく白い髪でも、艶があれば綺麗に見えてしまうのです。

ヘアースタイルですがポニーテール等は若く見える髪型になりますね。けど人それぞれ顔の色や形も違いますので、自分に合うヘアースタイルを選ぶ事が若く見られるコツいなりますね。

自分に合うヘアースタイルなんてわからないよ…なんて言う人には、美容室などで相談してみてはいかがでしょうか!?

お洒落を意識する事で、気持ちが高まります。そうなると楽しみが出来てお出かけしたくなりますよ!


人の第一印象って、顔を見なくても髪の毛の色で何となくわかりますよね。


こちらの画像は、私が20代の頃になります。
因みに子供に見せたら「キャー気持ち悪い~」と言われました。

それはともかく、若い頃の画像に手を加えると、




この画像で見てもらうとわかるように、白髪や薄毛は老けてみえます。
私も、もともと髪の毛が薄いので、若い頃から老けて見られる要素の一つだと感じてました(オデコも広い)

若く見えると言うことは、黒髪が(白以外の他の色でも可)しっかりと生えていることが基本条件になります。

髪の毛の悩みを抱えている方は沢山いらっしゃいますので、始めは髪の毛について考えていくことが優先になりますね。


因みにこの画像を制作したアプリは「FaceApp」です。


次は姿勢について書きました。

姿勢が悪い



姿勢が悪いと見かけも良くないし、健康に害を及ぼす可能性があります。

若そうに見えても姿勢が曲がっているだけで、実年齢より高く見えてしまうものです。
気付かないうちに猫背になっている方は、意識して猫背を修正してみては如何でしょうか?


年齢に関係なく、姿勢が良くないと言うだけで実際よりも老けて見えてしまいますね。

姿勢というのは、「心の状態を現している」と言っても良いくらいです。


経験談として
私も何度となく落ち込むことがありました。それでも自分的には気にしないでいるつもりでした。しかし何気なく自分の写る鏡を見ると背中が曲がった(変なおじさん)でした。


姿勢が悪いと疲れやすかったり、身体の不具合が出やすくなります。何気ない時でも意識する事が大切です。猫背は一見楽そうな体制に見えますが、身体の見えない部分に負担がかかります。

それらが原因で他の場所に凝りや痛みがでてしまうので、それらを防ぐためには、姿勢を意識して日々の生活をおくることが肝心なのですね。


それでは次に、食生活について書いていきます。

食生活


食生活はバランスを意識した食事を心がけてみたい物です。「野菜だけ」とか「肉だけ」みたいな食事を取られると、栄養が偏り肌荒れの原因にもなります。



食事についてはバランスよく取ることが肝心なのですね。

好きな物を好きなだけ食べていると10年後、20年後に肌や身体に悪影響が出来てしまう事にもなります。

年齢を重ねてきた時には、バランスの良い食事もそうですが、食べる量をも減らしていくことを意識したいですね。


若い頃は多少の無理が出来てしまいますね。でもそれは、年齢を重ねることに対しての蓄えでもあります。

若い頃に無理ばかりしている人と、規則正しい生活をしている人とは40代くらいから差がでてしまいます。



次は身体ではなく心の問題です。ここの部分をクリアすることで、他の悩みが飛んでしまうかも知れません。

それでは見ていきましょう!


様々なことに興味を失う



誰でも幼い頃は、初めて見たり聞いたりする事が沢山ありますよね?毎日が発見の連続ではないでしょうか?

私が幼い頃は、小さな虫に対しても興味を示した憶えがあります。私の子供も
今現在3歳ですが、子供目線で見ているので、とても素早く興味がある物を発見してくれます。

大人になるとある程度は知ってしまうため、小さな事に興味がなくなりますよね。

同じ事を繰り返す毎日に、とても興味など起きるはずが無いと頭の中で決めてしまいませんか?そうなると
何も刺激がなくなり毎日同じ仕事、同じ食事同じ生活を続けてしまいます。そこに笑いなども忘れてしまいます。

そんな毎日を過ごしていたら、誰だってしかめっ面になりますよね。
そうならないためにも、何か自分にとってプラスになることを探すのが大切です。

ポイント
自分にプラスになることが大切です。
損をしたりイライラしたりする事はお勧めできません。
私の場合は、このブログを通して文章を書く勉強をしています。自分の思いを人に伝えることで「誰かの役に立ちたい」そんな気持ちで書いています。

何か夢中になれることを見つけるのが大切ですね!


ライフスタイル、興味や関心など


20代辺りだと、多少無理しても寝てしまえば次の日は全力で動けます。しかし、30を過ぎて40代と年齢を重ねるに従って体力が衰えてくるのです。

若い頃は運動やスポーツなど身体を動かす事が多いのですが、年を重ねると身体を動す事が少なくなります。

身体が動かなくなると必然と心がワクワクするなんて事も減ってしまい。毎日同じ事の繰り返しにもなってしまうんですね。

そうなると笑う回数も減ってしまい、顔の表情も堅くなる。その繰り返しをしていくとドンドン身体全体が老けて見え始める原因にもなります。

その症状が年齢を重ねてからなるのではなく、早ければ20代ですらなりかねます。沈んだ毎日や落ち込んでばかりでは、顔の表情も固まってしまい人が寄り付かなくもなります。

そうならないためにも、日頃から人とコミュニケーションやお笑い番組等を見て常に笑うことに意識を向けるのが大切ですね。


まとめ


なぜ老けて見えるのか?そのことについて書いてきました。老けて見える原因というのは人それぞれです。若くしても年齢が高く見らえてしまう人もいれば、いつまでも若く見られる人もいます。

始めにお伝えしましたが、それは7~8割型は持って生まれた素質とも言えます。年齢が高く見られる人は、年相応の年齢を過ぎると逆に若く見えることになります。

それまでは自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。


気付かないうちに、だんだんと老化は進行します。それを放っておいてしまうと、年齢よりも老けて見られてしまいます。

酷い時には身体の不調を起こす原因にもなりかねません。せっかくの人生ですから、ほんの少しでも楽しみを見つけてはどうでしょうか?

全てを一気に変えようとすると、身体や気持ちに負荷が掛かりすぎていやになってしまいます。

自分でも出来そうな目標を決めてみるのも効果的ですよ!
あなたの、これからの参考になれば嬉しいです^^

スポンサーリンク

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする