武蔵小杉駅の乗り換えが遠い!路線別に分けて地図と動画で説明!

Pocket

スポンサーリンク


私は武蔵小杉駅をよく利用します。

最寄りの駅は南武沿線になりますので、武蔵小杉で乗り換えることも多々あります。

初めて武蔵小杉駅の乗り換え(南武線~横須賀線)をしたときは、本当に乗り換え出来るのか心配になった出来事がありました。

そのとき私は、初めて武蔵小杉駅の乗り換えをする人にはとても「わかりにくい」と考えたのです。

そこで私自身がいつも乗り換えに使う、ルートを説明していきますね。
  • 南武線~横須賀線・湘南新宿ライン
  • 横須賀線・湘南新宿ライン~東急東横線
以上2通りの乗り換えルートを説明してみますので、是非参考にして下さい。

アナタのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク





南武線~横須賀線・湘南新宿ライン


地図を見ると武蔵小杉駅の「南武線」「東急線」は、乗り換える距離も近く、所要時間は5分もかかりません。

ですが横須賀線・湘南新宿ラインを利用するには、大通りやマンション等があいだに点在してますので、「乗り換えがとても遠い」駅になります。

武蔵小杉駅内の乗り換えには長い通路を、歩いて移動しなければいけません。

そこで私が簡単な「地図」と、「動画」を作成しましたので見ていきましょう。

地図と動画説明


私がいつも利用している(南武線~横須賀線・湘南新宿ライン)のホームまでの道のりを地図に有る矢印に合わせて歩いてみました。



途中、「動くスロープ」に乗り長い下り坂を下って行き、坂を下りきると突き当たりになるので、そこを右へ曲がります。

そしてまた「動くスロープ」で少しずつ上ると(横須賀線・湘南新宿ライン)ホームの入口に到着します。

朝の通勤ラッシュ時は次の電車に乗り遅れないように、皆さん歩くスピードが早いですよ。
それに負けないように私も早歩きをしますが、油断をすると抜かされてしまいます。

朝の乗り換えは戦いだと思いました。

反対側から見ると

動画の逆方向からの画像です

(横須賀線・湘南新宿ライン)ホームから、南武線へ向かうルート。
先には下りの動くスロープ

左へ曲がりその先にも動くスロープが有り。

エレベーター、階段を利用すると上から「動くスロープ」を見ることもできます。

進んで行きますと

南武線のホームに到着です。

車椅子やベビーカーの移動には?

動くスロープから「車椅子」や「ベビーカー」の移動は大変危険です。
そこで他の移動手段として、脇にあるエレベーターを利用する事ができます。

動くスロープ沿いに通路があり、落差には階段とエレベーターを利用しますので「車いす」「ベビーカー」を使用している方はこちらを利用すると乗り換えがスムーズにできますね。

エレベーター出入口



下部 出入り口



エレベーターは2回乗り継ぎします。

通勤ラッシュには大変混雑しますので、距離のある乗り換えには「時間」に余裕をもって行かれるのがいいですよ。


スポンサーリンク




横須賀線・湘南新宿ライン~東急線 乗り換えルート

こちらのルートは乗り換えと言うよりも、いったん新南口出入り口から駅外に出ちゃいます。

なので東急線以外にも、武蔵小杉駅の周辺にある「グリーンツリー」や「ららテラス」
「東急スクエア」などに寄り道してから引き続き電車に乗ることができますよ。

もちろん南武線にもいくことができますね。


地図の赤いライン沿いに歩いてみます。



そとに出てしまうので、お天気が晴れているときは地下通路とは違い爽快な気分で歩けました!

(横須賀線・湘南新宿ライン)から(東急線)に乗り換えなら駅外からの乗り換えでも、料金を気にすることはありませんね。

グランツリー武蔵小杉



ユーハイム ららテラス武蔵小杉



手前 ユニゾ武蔵小杉ビル 奥 towerマンション



武蔵小杉駅 中央口2



途中ショッピングや、食事もできてしまいますので、私はこのルートがとても好きです。
朝の通勤では時間に余裕がありませんが、帰り道などには寄り道してみてはどうですか?

まとめ

武蔵小杉駅の乗り換えはとても遠いですね。
利用時間帯にも寄りますが、通勤ラッシュ時はとても混みますので、新南口から外に出てしまうとスムーズに移動できますのでオススメですよ。

但しJR(南武線)~(横須賀線・湘南新宿ライン)の場合は駅外に出てしまうと料金が高くなってしまいますので注意してください。(定期の場合は大丈夫)

私が初めて武蔵小杉に来た時は、乗り換えの順序がよくわからなくて迷いました。そんなときは周囲の人達と同じ方向を目指してみると、目的地にたどり着いた事もありました。

アナタが初めて武蔵小杉駅の利用、乗り換えの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする